SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最後に 「オレメタボ」 と付ければサラリーマン川柳
と勝手に思っています。

だからなんだよ。

| キーワード | 22:03 | comments(0) | trackbacks(2) |
グリーンカラー
中国の都会の新人類、「グリーンカラー」とは?

伝統的な「ホワイトカラー」、ホワイトカラーとブルーカラーの中間的な「グレーカラー」、トップエリートを表す「ゴールドカラー」などの呼び名が、経済力と社会的な地位を基にしていたとしたら、「グリーンカラー」はむしろ個人の内面的な特色によっている。特色とは、日常生活を愛し、健康志向がとても強く、屋外での運動を非常に好み、公益事業を支持し、自分自身にも、環境にも「やさしい」。


あっ、なんとなく思いついたので検索したら
既に使われていたコトバなのですね。

ロハスとかアレだけどもそういうなまぬるい感じなのが
流行るのはどこも同じなのですね、、、
と思うほど流行っていないな。
定着する前に忘れ去られているのかな。

<グリーンカラー>
白いワイシャツを着た事務系の人をホワイトカラー、工場で働く人をブルーカラーと呼ぶことは広く知られています。最近、アメリカのニュース番組では、グリーンカラーを言う言葉が盛んに使われています。グリーンカラーとは環境分野で働く人を示しているようです。この考えに従えば、私たちの会社にも多数のグリーンカラーがいます。

こういう風にも使われています。

関連記事:中国のグリーンカラー

| キーワード | 22:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
ネットカフェセレブ
これはない。

すいません。


| キーワード | 00:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
釣りにかんするメモ
釣り:信憑性はともかく、話題性を先行させたネタ

地引網:大きな規模の釣り

養殖:信者にだけ有効なネタ

遺伝子組み換え:捏造されたネタ(ウソ)



| キーワード | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
SOCCER 2.0

「Web 2.0」というコトバが終には一般紙でも

解説されるようになりなんとなく分かったゆおな気分にはなったものの

自分なりにうまく定義はできない。

オピニオンリーダーとなっている人達に言わせると

そもそも「Web 2.0」なんて実態がない!とバッサリ


さらにあちこちで「○○ 2.0」と謳う輩も。ちょっと苦しい気もするが。

だったらこのブログでは「SOCCER 2.0」ですよ。

いつか誰かが言いそうだから言って見ただけ。

どこかのライターが書きそう。

広義ではサッカーの普及やチーム運営・経営のことだったり、

狭義では戦術のことだったり。

でも意味づけはきびしくなりそうだな。


Web屋の本 ~ Web2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0
Web屋の本 ~ Web2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0
中野 宗, 安藤 直紀
| キーワード | 23:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |

SEARCH THIS SITE.
ブログパーツ