SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『コールドケース』 読了 | main | ストレイト・ジャケット 劇場版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鈴木先生 7 読みました
6巻のラストでは、カーベェーがとんでもないこと
を言い出し、やがてそれも苦しいながら収束に
向かったと思ったら今度は足子先生が、、、

もうホラーというかオカルト漫画か!
みたいに突っ込みたくなる形相に。

ただ今回の展開から“鈴木先生”の最終回を
(エピソード)予想してみると、
きっと最後は鈴木先生自身が壊れてしまう
のではないかと。
もう鈴木先生の口の中から小さい鈴木先生の
顔が出てきたり超常現象が起きまくり。
しかし、教室で共に成長してきた生徒達により
救われ自分を取り戻し日常に帰って行く。。


今回も読み終わったときには精神力を
使い果たしゲッソリしてしまいました。
でも、次も読むんだけどね。必ず。


そういえば単行本の最後に出てくる
「次回予告」みたいなキャプションが
昭和の香りがしていてちょっと好き。

| 書評 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morningang.jugem.cc/trackback/1136
トラックバック

SEARCH THIS SITE.
ブログパーツ