SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
対中国チームにはコレで対抗しろ!
いちおうオリンピックなので。

How To Trash Talk Athletes in Chinese


がんばれニッポン!!


| スポーツ/トレーニング | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
久々にヨガをやる
最近は、筋トレ+水泳のコンビネーションで
ガンガンとばしていたので、ちょっと休憩で
ヨガのレッスンに出てみました。
2日連続で筋トレも良くないので。

まぁ、久々というか5年ぶりくらいだったので
付いていけませんでした。
休み休みやらないと太刀打ちできません。

普段使わない筋肉をかなり使ったので
ジトーとしたへんな汗はかくし
体中あちこち痛くて爽快感はありません。

ただ、まだまだ自分のカラダは開発できるのかも
という希望も少しばかり見えてきました。

これからちょっとづつ続けていきます。


| スポーツ/トレーニング | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
捻挫の症状を聞いてくる人は誘導尋問を仕掛けてくる問題
以前、足首に結構ヒドイ捻挫をして
それ以来、足首に疲労が溜まりやすくなった
みたいな話をしたらすかさず
A氏「えっ?どっちに捻ったの、外側?」

自分「(よく覚えていないので)あぁ、外側ですかね」
A氏「え?普通は内側に捻るケースが多いんだよ!」

と人のミスを誘発するような聞き方をしておきながら
優越感に浸ったような勝ち誇った表情で突っ込まれました。
目は爛々と輝き眩しかったのです。

その表情を見てかなりの嫌悪感を持った自分。。
何の変哲もない会話なのに違和感が、、、
いやまてよ、確か過去にも全く同様のことを
言われたことが2回あった!ことを思い出したのでした。

わざわざ人の揚げ足を取って小さなプライドを
満たそうとする悲しい人が周囲に3人もいるということは
おそらく全国規模に換算すると、かなりの数に
なるのではないかと。

確かに調べると足首の捻挫は内側に捻って
起こることが多いようですが
どっちに捻ったかなんて覚えてないです。
とりあえず直ればOKでしょう。

もしかして、あなたのまわりにも
いるかもしれませんね。。。

| スポーツ/トレーニング | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
正しいバランストレーニング
バランスボールやスタビリティだの何だのって
いろいろやってますが結局効果を実感できるもの
ではないんですよね。
相変わらず試してますが。

いつも疑問に思うのは、バランスをとることに慣れてしまうと
そのトレーニング自体に意味がなくなってしまうのではないか?
ということです。

ボールやボードの上でバランスをとってピタッと
体中の力みを抜かして静止している、または
決まった動きを繰り返してもさほど効果はないのでは。

なのでどのような体勢であれバランストレーニングっぽいやつを
行う時には意図的に"バランスをとる"ために"バランスを崩し続ける"
という矛盾を継続しなければいけないのかね?
教えてエラいひと!!

| スポーツ/トレーニング | 23:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
アスリートの視点
オリンパスのサイトに面白いコーナーがあります。

アスリートの視点

それぞれの選手に「視線カメラ」をつけて
プレーしている臨場感が味わえると言うもの。

ただし選手のセレクトが思いっきり
サニーサイドアップがマネジメントしている
人たちばかり。

まだコンテンツ自体が少ないけど
いろいろな競技が体験できると
おもしろいですな。


| スポーツ/トレーニング | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
基本をおろそかにして応用編
一度いろいろなトレーニング方法を整理して
自分に合ったものは何かを考えるべきときが
きたのかも知れません。

ということでこの本を読みました。

気になった部分は、
「過大に評価される機能トレーニング」
のところでしょうか。

コア・トレーニング,肩甲骨,股関節,なんば,二軸走法などなど
中途半端にいろいろと本を読みあさりましたが
基礎体力をつけておいたり良いコンディションを保っておく方が
全然大切ですな。ということに今更気づきます。


そしてもう一つ気になった部分は、
コツを掴んだ動きは「発揮される力」が大きく体感する力」が小さい。

ということです。
なるほど!ですが実践するのは難しいのです。

まぁトレーニング云々の前に体をもっと絞ります。



| スポーツ/トレーニング | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
究極のエコロジーフィットネスジム
スペインで廃材などを再利用してフィットネスジムを
つくってしまったという話です。

No walls, reused materials, but a real fitness club

野外の開放的な雰囲気でいいですね。
無料で使えるようです。


野外でトレーニングといってもこういうのとは違います。



嫌いぢゃないですけど。。。

| スポーツ/トレーニング | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
【写真】大開脚【女子スポーツ選手】
よくこれだけ集めたなと・・・


Happens very sexual and ridiculous


結構健康的なんですけど。。。
| スポーツ/トレーニング | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
早生まれを言い訳にする人が増えそうな件
最近トップレベルのスポーツ選手の生まれ月を調べたデータが話題になっていますね。
なんでも、団体競技においては4,5月生まれの選手が多く早生まれは少ないと。
小学生くらいの発育段階だと数ヶ月の差が大きく出てしまうのは当然です。
スポーツに対する自己イメージの形成に悪影響がでるのも頷けます。

まだサッカーダイジェストが月刊誌だった頃、同様のデータが掲載されていましたが
その時はあまりピンときませんでしたが、子どもながらに
「早生まれのオレってダメぢゃん?」とも思いました。

しかし、スポーツ少年団(今はあるのか?)主催のスポーツテストの結果は良く!
同学年の友人と比べると、1つ下の年齢の評価基準で判断されるため
毎回優秀者のメダルをもらっていました。

でも、他の子と比べて劣っているとも勝っているとも感じなかったので
早生まれの影響なんて知る由もありませんでした。

まあ歳をとれば関係ないんですが。
| スポーツ/トレーニング | 00:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
バスケット脳を鍛える
最近“脳を鍛える”ゲーム人気もすっかり定着しました。
スポーツ系では動体視力やイメージトレーニング系のソフトはありますが
種目を絞ったものはあまりみたことがありません。

しかしアメリカの会社がバスケットボールのトレーニング用に
このようなDVDをつくっています。

Basketball IntelliGym

The Basketball IntelliGym™ is a training tool that enables basketball players to dramatically improve their game-intelligence skills. The trainer directly stimulates the brain functions that are responsible for basketball's cognitive skills.


認知系のトレーニングということなのでゲームっぽいことを
やるんだと思いますが、どのくらいのプレーレベルを想定しているのでしょうか?

バスケットボールが上手くなりたいけど息詰まってしまった人には
良い刺激になるのかもしれません。


NBAコンディショニング―14人のNBA専属トップコーチが説く
NBAコンディショニング―14人のNBA専属トップコーチが説く
村木 良博,NBA所属コンディショニングコーチ,Members of NBCCA
| スポーツ/トレーニング | 12:27 | comments(0) | trackbacks(5) |
<< | 2/6PAGES | >>

SEARCH THIS SITE.
ブログパーツ